京都での前撮りを楽しむ

京都前撮りがおすすめな理由とそれが可能なお店

結婚式ではウエディングドレスが人気ですが、結婚式前の前撮りでは
独特な雰囲気が持ち味の和装で行いたいという方も多くいます。


そのような方にお勧めなのが「京都前撮り」です。
京都前撮りの良いところは、季節感がよくあらわれる京都での撮影となり、
加えて古都・京都の街並みや風情とともに写真に残すことで
より思い出深いものとなります。和装で撮影


京都前撮りができるお店はあるものの、その中でも人気なのが「美翔苑」です。
こちらのお店では、京都市内の写真に最適なロケーションで、
上質の色打掛・白無垢・引き振袖などを着ての撮影ができ
撮影データはすべてもらうことができるところがメリットです。


用意されているもののうち何種類を着るかを選ぶこともできるので、
費用を抑えて撮影したい人、お金をかけても良い思い出を残したい人など
様々な要望に応えることができるようになっています。


前撮りに関しては経験豊富で、満足いく写真ができることは
ホームページのフォトギャラリーを見ても明らかなので、安心して依頼することができます。


また、夏や冬などの特定の時期で平日の撮影は価格の割引もあるので、
より低価格で前撮りをしたい方には向いています。

どのようなポーズをとるときれいに写るか


日本人でも着物を日常的に着る方は少ないため、いざ着た時には所作などに困るという方は多いものです。
実際、着物を着た場合に写真に写る姿は自分の抱くイメージと異なることも多いため、注意が必要です。


まず、きれいに写真に納まるには、着崩れに気を付けることが大切です。
帯揚げやお太鼓の位置、帯締めが垂れていないかや襟が左右均等になっているか、
背中のラインが中央に来ているかなどのポイントを抑えてチェックできますが、
前撮りをプロに依頼する場合はカメラマンの方が注意してくれるので安心でしょう。

フォトスタジオ


加えて着物を着た時のポーズですが、姿勢を正すことが大前提になります。
さらに、斜めから撮影するとよいですし、その際にはカメラに向けた側の足を少し後ろに引くとよいでしょう。


また、「見返り美人」という言葉がありますが、後ろ向きに立ち、顔を後ろに振り返るようにすると
美しい帯や結び目と一緒にとることができ、顎から首のラインが美しく見えるのでお勧めです。


座って撮影する場合は、なで肩になることを意識して、足が少し浮くような高さに座ることですっきり感が出ます。
目線はカメラのレンズよりも少し上を見るようにして撮ると目が大きく映り、
目を大きくすることで光が入ってきれいに撮ることができます。

PAGETOP